新宿お役立ち情報

日本の和食について、懐石料理と会席料理の違いとは?

日本の伝統料理である和食は、新鮮な野菜など様々な旬の食材を用いた健康的な料理です。2013年にはユネスコの無形文化遺産に登録され今や世界的ブーム。特に寿司は海外でも人気です。

和食には、寿司・刺身や天ぷらのような単品料理から、懐石料理や精進料理のようなコースの日本料理もあります。

和食は大きく2つに分類することができます。1つは日本人が普段食べている「インフォーマルな和食」です。もう1つは、コース料理などになっている高級な「フォーマルな和食」にです。日本人や外国人にも圧倒的な人気があるのが、ラーメンやお好み焼き、とんかつなど「インフォーマルな和食」です。


懐石料理と会席料理の違いとは

日本料理の形式である「懐石料理」と「会席料理」は、どちらも「カイセキリョウリ」と読む同音のため混同されがちですが別のものです。その違いを説明しましょう。

会席料理は、新鮮な季節の食材を使用した伝統的な和食コースディナーです。四季の彩りを大切にし、食材にも使われる器にも工夫が凝らされています。

懐石と会席の違い

会席料理

懐石料理は茶懐石とも呼ばれ、茶の湯の集まりのときホストがゲストに振舞うシンプルな食事を指します。懐石は「ご飯」「汁もの」「向付」の3品が載った小さなお膳で始まります。

懐石と会席の違い

懐石料理



懐石料理と会席料理の違いについて紹介しましたが、この違いをご存じなかった日本人も多いかと思います。
「懐石料理はお茶を楽しむ為の食事」「会席料理はお酒を楽しむ為の食事」と覚えておきましょう。

今では、懐石料理であってもお酒が出てくることもあり、2つがごちゃ混ぜになっていることもありますが、ぜひ懐石料理と会席料理の起源を知ってお店選びの参考にしてみてください。

新着記事

  1. ルーフトップビアホール
  2. ヒルトン
  3. Immersive Museum TOKYO vol.3

遊べる・学べる・楽しめる

  1. INBOUND LEAGUE レンタサイクル
  2. 歌舞伎町タワー
  3. namco TOKYO

新宿コラム

  1. トークイベント撮影会
  2. 新宿ゴジラヘッド
  3. 東京ミステリーサーカス

ちょっとユニークな空間

  1. イスラム横丁のお店
  2. FIORI1
PAGE TOP