新宿コラム

Column | 創業180年あまりの歴史ある老舗が破産申請、どうなる新宿 花園万頭!?

花園神社そばの明治通り沿いを歩いていると「日本一高い 日本一うまい」の看板があります。ここが創業180年の歴史を持つ和菓子店の花園万頭です。
新宿を代表する銘菓として根強いファンも多く、私の母もよく新宿のデパートに行ったついでに買って来たので、子どものころから馴染みのある和菓子でした。

そんな花園万頭が「5月31日に破産を申請した」というニュースが流れ、驚かれた方も多いと思います。
YOKOSO新宿の編集部が本店のすぐ近くにあるので、報道後はどうなるのか心配で店の前を通っていますが、そんな気配はなく、今日(6月8日)もお店は平常通り営業をしています。

というより、報道があってからお店はいつもよりお客さんが多い感じがします。
きっとファンの方が「新宿を代表する歴史ある和菓子店を守りたい」と、応援するために買いに来ているんでしょうね!

そんな訳で「食べて応援しよう!!」今日は本店に和菓子を買いに行ってきました。

お店の方に「新聞を見たんですけど、これから商品はどうなるんですか、今まで通り買えるんですか?」

と聞いてみたところ、「生菓子の生産ラインはストップしているんです。今後どうなるかは・・・今はスポンサーさんを探している最中です」とのことで、店頭に定番商品の花園万頭は販売されていませんでした。

「新宿を代表する銘菓が無くなるのは困るので、頑張ってください!」と声をかけてお店を後にしました。

SankeiBizの報道によると、6月3日に生産を停止していた自社工場の稼働を再開、「6月7日まで」としていた店舗営業も継続する方向で調整中。4日までに複数企業がスポンサーに名乗りを挙げており、保全管理人事務所の担当者によると「破産手続きは進行するが、スポンサー企業や第二会社への事業譲渡で、営業を継続する方向で調整している。併せて6月末で解雇予定だった従業員の雇用も継続できる見込み」
とのこと。

スポンサーも現れて継続の方向になるとしたら、ほんとうに嬉しいのですが・・・。

花園万頭の破産申請が報じられた6月1日には、各店舗には名物の「花園万頭」や「ぬれ甘なつと」を求めるお客さんで溢れ「花園万頭」は1日の早い時間帯に完売、「ぬれ甘なつと」も3日までに売り切れた店舗が多数あったそうです。

180年もの歴史ある老舗を気遣う、お客さんたちの優しさも素敵ですね。

そして、信用調査会社の東京商工リサーチによると11日に実施された花園万頭の事業譲渡に関する入札で、多数の入札の結果、銀座千疋屋のグループ会社で菓子販売を手掛ける「パティスリー銀座千疋屋」が優先交渉権を得たとのことなので、ちょっと安心しました。

花園万頭の店舗情報はこちらをクリックしてください。

(文:松尾まみ)

関連記事

  1. 人気ケーキ店のパテシエたちが腕を競う「高島屋 パティシェリア」
  2. 【見る】林芙美子記念館
  3. 24時間使えるリラックス空間「TSUTAYA BOOK APAR…
  4. ヘルシーなベジタリアン・ヴィーガンレストラン「AIN SOPH.…
  5. 中世に迷い込んだみたい「キリストンカフェ東京」
  6. 日本の和の魅力を伝えるショップ「ビームスジャパン」
  7. ユーズドカメラを買うなら「LUCKY CAMERA ラッキー カ…
  8. 1951年創業 新宿の老舗ダイニングバー「どん底」
PAGE TOP