イベント情報

(終了)梅津庸一監修「絵画の見かた reprise」1/16~神楽坂のアートギャラリーで開催

梅津庸一監修 絵画の本質に触れる企画展

√K Contemporary(ルートKコンテンポラリー/東京・新宿)は、2021年1月16日(土)~1月31日(日)にかけて、梅津庸一監修の企画展、「絵画の見かた reprise」を開催。

本展は2020年12月号の美術手帖に掲載された梅津庸一監修の巻頭特集「絵画の見かた」を副読本とした企画展で、梅津氏を中心とした「絵画の見かた reprise展」実行委員会が主催となり、開催するものです。

同特集に掲載された若手作家から物故作家までの総勢約30名、約50点あまりの作品を一堂に会し、展示販売します。

新型コロナウイルス感染拡大により、私たちの生活様式やアートを取り巻く環境が変化している今、オンラインでアートを見るという機会が増え、直に作品を見るという事が貴重な体験となってきています。

このような状況下で、改めて「絵画」の実存性を認識し、人と絵画、さらには絵画と絵画の関係性を考察するものです。

今回の企画・監修を手掛けた梅津庸一氏は、「本展が自分なりの『絵画の見かた』を考えるきっかけになれば」と語っています。

多様なジャンル、世代の作品を通して、ぜひ「絵画」を再発見してみてください。

【企画・監修|梅津庸一】
梅津庸一は1982年山形県生まれの美術家。東京造形大学絵画科卒業。

ラファエル・コランの代表作≪フロレアル≫を自らの裸像に置き換えた≪フロレアル(わたし)≫(2004-07)や、同じく自身がモデルとなり、黒田清輝の≪智・感・情≫(1897-90)を4枚の絵画で構成した≪智・感・情・A≫(2014)など日本の近代洋画の黎明期の作品を自らに憑依させた自画像をはじめとする絵画作品などで知られる。

【概要】
企画展名: 梅津庸一監修「絵画の見かた reprise」展
英題: Approaches to Painting – reprise, Curated by Yoichi Umezu
会期: 1月16日(土)~1月31日(日)*会期中、月曜定休
会場: √K Contemporary(ルートKコンテンポラリー)
Address: 東京都新宿区南町6
Tel: 03-6280-8808
Email: info@root-k.jp
URL: https://root-k.jp
出展作家: 星川あさこ、塩川高敏 、島田章三、高松ヨク、西村有未、
       梅沢和木、梅津庸一、青木陵子、若松光一郎、
       カジ・ギャスディン、落田洋子、KOURYOU、安藤裕美、杉全直、
       田中秀介、たんぱく質、服部しほり、藤松博、石井海音、ペロンミ、
       中園孔二、弓指寛治、木下晋、海老澤功、池田剛介、續橋仁子、
       小野理恵、しー没、リチャード・オードリッチ、岡鹿之助
主催: 「絵画の見かた reprise」実行委員会
企画・監修: 梅津庸一
企画協力 : 美術手帖
会場協力 : √K Contemporary
企画展HP :
美術手帖 公式 → https://bijutsutecho.com/exhibitions/7176
√K Contemporary 公式 → https://root-k.jp/exhibitions/yoichi-umezu-approaches-to-paintings-reprise/

※コロナウイルス感染拡大状況により、開催内容が変更となる可能性、また、新型コロナ感染拡大防止対策のため、場内混雑を避けるため入場制限をさせていただく場合があります。

関連記事

  1. 大つけ麺博2019 (終了)全国100の名店が勢ぞろい!「大つけ麺博2019」
  2. Hello ルミネ1の屋上ビアガーデン「Hello」にメリーゴーランドエリア…
  3. 新宿エイサー祭り (終了)新宿の夏の風物詩「第18回 新宿エイサーまつり」7月27…
  4. お菓子に埋もれる7日間 【終了】伊勢丹新宿のスイーツイベント「罪深き誘惑…お菓子に埋もれ…
  5. パークハイアット パークハイアットとハリー・ウィンストンのコラボレーションフェア|…
  6. 酉の市 (終了)今年も花園神社で開催!「2019年酉の市」
  7. (終了)駅弁約300種類が大集結! 「第54回元祖有名駅弁と全国…
  8. (終了)~東京の島には愛がある~ 東京愛らんどフェア2017

新宿コラム

  1. 歌舞伎町
  2. inspyre-top
  3. 昭和伊勢丹
  4. 新大久保

おすすめ記事

  1. 新宿ラーメン龍の家
  2. カントン
  3. 鯛塩そば 灯花

新着イベント

  1. TOKYO SAKE FESTIVAL 2022
  2. フジオプロ
  3. GUNDAM

ピックアップ記事

  1. 新宿2丁目仲通り
  2. 新宿歌舞伎町の昔
PAGE TOP