イベント情報

【終了】フジオプロ旧社屋をこわすのだ!!展『ねぇ、何しに来たの?』|9月29日(木)~10月30日(日)

フジオプロ

漫画家・赤塚不二夫が設立したプロダクション「フジオプロ」の旧社屋にて、9月29日(木)~10月30日(日)、「フジオプロ旧社屋をこわすのだ!!展『ねぇ、何しに来たの?』」が開催されます。

フジオプロが中落合に引っ越してきたのは1970年。そこから、改装を繰り返しながら40年以上にわたって、この土地で「赤塚ワールド」の継承に努めてきました。

しかし数年前からの雨漏り、老朽化による社屋の取り壊しが決定。そこで、ただ壊してしまうのではなく、最後までフジオプロ的でありたいという思いから、今回のイベント開催が決定しました。

『バカは真面目に』をモット―に、俳優や漫画家、イラストレーターなど様々な分野で活躍する方が一堂に会するこの機会は、赤塚氏の自由なスピリットを感じられる展覧会となるでしょう。

■みどころ
赤塚不二夫をオマージュしたアート作品、壁画、フジオプロの年表階段、赤塚不二夫が暮らした部屋にて1960年代から2002年までの写真を約1000枚、秘蔵プライベートフィルム上映、赤塚不二夫の原稿原画、なつかしのグッズ、アシスタントとの思い出、ライブやトークショーなどなど。「いま」と「破壊」をテーマに、物販なども行うほかに類を見ない展覧会です。
※物販は現金のみの取り扱いとなっています。

■参加者
EYE、赤塚不二夫、浅野忠信、安齋肇、伊藤桂司、KAZ、川口貴弘、北見けんいち、木村知夫、黒田征太郎、五木田智央、斉藤あきら、しいやみつのり、しりあがり寿、高橋キンタロー、タケヤマノリヤ、田名網敬一、タナカカツキ、てらしまけいじ、中野裕介/パラモデル、野上眞宏、みうらじゅん、吉勝太、Rieko Akatsuka ほか(五十音順)

(YOKOSO新宿編集部)

基本情報

イベント名 フジオプロ旧社屋をこわすのだ!!展「ねぇ、何しに来たの?」
会期 2022年9月29日(木)~10月30日(日)の木、金、土、日(祝日含む)
会場 フジオプロ旧社屋 (東京都新宿区中落合1-3-15)
※建物2階より靴を脱いでの観覧となります。靴下着用がおすすめです。
時間 11:00/ 13:00/ 15:00/ 17:00 (19:00閉館)
※1日4回、各回2時間まで(最長滞在時間)
入場人数 各回20名(予約入れ替え制)
入場料 500円(税込)
休館日 月、火、水 ※ただし10月10日(月)祝日は開催。
アクセス 「下落合」駅から徒歩4分

※価格、料理内容、営業時間、定休日などの店舗情報は変更されている場合があるので、最新情報は直接店舗に確認してください。

周辺MAP

新着記事

  1. Immersive Museum TOKYO vol.3
  2. 北村写真館
  3. かぶり生活 おひろめPOP UP

遊べる・学べる・楽しめる

  1. INBOUND LEAGUE レンタサイクル
  2. 歌舞伎町タワー
  3. namco TOKYO

新宿コラム

  1. 2018酉の市レポ
  2. 都庁展望台ご案内
  3. トークイベント撮影会

ちょっとユニークな空間

  1. Sick!
PAGE TOP