7. 超現実エンターテインメントEXPO「VR ZONE SHINJUKU」



もうゲームとは呼ばせない!驚愕のバーチャル・リアリティ・ワールド

2017年7月14日、歌舞伎町に誕生したバンダイナムコエンターテインメントによる「VR ZONE SHINJUKU」。 その海外メディア体験会に、わたくし松尾が若手スタッフ2名を引き連れ行ってきました!

エントランス前で記念ショット

館内1F





1

小山順一朗氏(左)、田宮幸春氏(右)











VR ZONEは旧ミラノ座の跡地に建設され、総床面積が1100坪(2階建て)、都内最大級のVR施設となります。2016年にお台場で半年間限定オープンし話題を集めた同社の「VR ZONE Project i Can」が、さらにパワーアップして新宿に復活したわけです。

オープニングでは、VRアクティビティの開発を手掛けるエグゼクティブプロデューサーの小山順一朗氏とマネージャーの田宮幸春氏による施設概要の説明がありましたが、

「ゲームとは呼ばないでください。これはアクティビティなんです!」

と、お話していた小山氏。体験した後、あの言葉に深く納得。
最先端のVR技術と独自の体感マシンを組み合わせることにより、仮想空間があたかも現実に存在しているようなリアリティを感じる世界。
私にとっては心臓バクバク、冷や汗もの体験でした😓



バラエティーに富んだアクティビティは全16コンテンツ


451452 アクティビティは全部で16コンテンツあり、そのうちVR体験アクティビティが以下の13コンテンツです。


●VRアクティビティ新作の7コンテンツ

「エヴァンゲリオンVR The 魂の座」
「マリオカートアーケードグランプリVR」
「極限度胸試しハネチャリ」
「ドラゴンボールVR 秘伝かめはめ波」
「釣りVR GIJIESTA(ギジエスタ)」
「恐竜サバイバル体験 絶望ジャングル」
「攻殻機動隊ARISE」(秋まで延期)


15212 


●お台場「VR ZONE Project i Can」に設置され人気の高かった6コンテンツ


「急滑降体感機 スキーロデオ」
「ホラー実体験室 脱出病棟Ω(オメガ)」
「極限度胸試し 高所恐怖SHOW」
「VRシネマティックアトラクション アーガイルシフト」
「VR-ATシミュレーター 装甲騎兵ボトムズ バトリング野郎」
「ガンダムVR ダイバ強襲」

465142

●一般アクティビティ(全3種類)  VRゴーグルを着用しないものとして

「巨大風船爆発ルーム PANIC CUBE」
「バーチャルリゾートアクティビティ トラップクライミング」
「バーチャルリゾートアクティビティ ナイアガラドロップ」



いざ、アクティビティ体験に出発!


私はゲーム系にはめっぽう弱く、ましてやVR初体験。今回いくつかのアクティビティを体験しましたが、想像を超えるリアルなVRの世界に驚かされました。

地上200メートルのビルに飛び出した幅30㎝の上を板を渡り猫を救出する「高所恐怖SHOW」。
若手スタッフ2人は成功していましたが、私は地上に吸い込まれそうな恐怖感に1歩も足が踏み出せず、情けない話ですがギブ😱

この体験レポートはこちらをどうぞ ☞ ワイバの体験レポート


「リベンジだー!」とばかり楽ちんそうなマリオカートに乗ったら、ハンドル握りアクセル踏むのが精一杯。
壁に激突繰り返し、車酔い状態😵

羽の付いた自転車で空中を飛ぶ「ハネチャリ」では、ペダルを必死にこいでも操作がうまくできないため岩に激突。
足が疲れた~😓

マリオカートアーケードグランプリVR

極限度胸試しハネチャリ



若い頃より反射神経がそうとう弱っていることをしみじみ実感。

私は既に身も心もいっぱいいっぱいの状態なので遠慮しましたが、極めつけはハンドルにつかまって高さ7mまで登り、傾斜角84度の滝を落ちる「ナイアガラドロップ」。

こちらはVRゴーグルを着用しないアクティビティですが、体験したスタッフ曰く「自分で落ちなきゃならない恐怖が、ジェットコースターを超える。まるでバンジージャンプしたみたい」とのこと。

この体験レポートはこちらをどうぞ ☞ 李の体験レポート




遊び心いっぱいのフードコート「GLAMPER’S」


アクティビティ体験の後は、お楽しみのランチです♪
世界中で大人気の”グランピング”をテーマにしたフードコート「GLAMPER’S」では、リアルに見える砂浜や木のテーブルが置かれ、まるで自然の中で食事をしているようなバーチャルリゾートが楽しめます。
マジックテーブルには、海や星空を描くプロジェクションマッピングが施され、食事をしながら楽しめる仕掛けも!

GLAMPER’S レストラン

リアルな砂浜でオシャレランチ!



お料理のメニューも豊富で、自家製スモークベーコンのカルボナーラ(税込1,382円)。スペシャルメニューの”パックマンムースショコラ” (税込1,490円)。ぽくぽくパックマンカレー(税込1,382円)など、見た目も可愛いオリジナルメニューも用意されています。

ソーセージ&グリルコンボ(税込1380円)

マジックテーブルで可愛写真



ぽくぽくパックマンカレー(税込1,382円)

自家製スモークベーコンのカルボナーラ(税込1,382円)



ドリンクのおすすめは、ストロベリー、チェリー&アップル、メロン味の「パックマンフルーツスカッシュ」1,000円。
普通のスカッシュと違うのは、大きな丸い氷の中にフルーツソースが入っているので、氷が溶けると再度フルーティな味が楽しめます。 マドラーはお持ち帰りOK。

パックマンフルーツスカッシュ 1,080円(税込)

パックマンフルーツスカッシュ 1,080円(税込)




私によってはかなりの刺激が強かったですが、未体験の方はドキドキワクワク絶叫しながら、VRアクティビティーを楽しんでみてはいかがですか!

以上、松尾の体験レポートでした。




予約
入場日時は予約制のため入場するには公式サイトもしくは専用アプリでWeb予約が必要です。
新宿のVR ZONE SHINJUKU、チケット購入・予約方法

料金
入場料は、大人800円(税込)、アトラクションごとに1,200円(税込)の単券が必要です。たくさんアトラクションを体験したい人は、入場料と4つのVRアクティビティが体験できる「1day4チケットセット」がおすすめ。税込4,400円。





基本情報

住所 東京都新宿区歌舞伎町1-29-1
TEL 03-3200-8076 ※受付時間 9:30~18:00
営業時間 10:00~22:00(最終入場時間21:00)
※アクティビティ受付終了時間21:30
(各アクティビティに列がある場合は、早めに受付終了の場合あり)
※飲食ラストオーダー:フード21:00/ドリンク21:45
(持ち帰りは22:00まで販売)
定休日 年中無休
サイト https://vrzone-pic.com
※価格、営業時間、定休日などの店舗情報は変更されている場合があるので、最新情報は直接店舗に確認してください。


マップ

No comments found.

Leave a comment